文芸・小説・エッセイ

風のあしおと

定価2,200円(税抜)

○在庫あり

堀口すみれ子著 四六判 上製 112ページ 2000年7月14日発行

想いは言葉の風にのせて…。予感に満ちた第一詩集。
それは止めようのない音だった
それは地球の廻る音だった

過ぎた日とこれからの日を
天秤にかけるのは無駄なことだと思った

音は とくんとくんとなり止まずに
静かに私の中で鼓動している―――――『音』より

<著者紹介>
ほりぐち・すみれこ
詩人・エッセイスト。詩集『風のあしおと』、エッセイ集『虹の館』等、編著に堀口大學詩集『幸福のパン種』いずれも小社刊。詩人堀口大學は父。「ミセス」「家庭画報」など婦人雑誌でも活躍。慶応義塾大学仏文科卒。神奈川県葉山町在住。


この書籍を購入した方は、次の書籍へも興味をお持ちです

▲ページの先頭に戻る