文芸・小説・エッセイ

日本人の原風景
古事記と小泉八雲

定価2,200円(税込)

池田雅之・高橋一清 編著 四六判 上製 232ページ

出雲の神話世界を小泉八雲とともに旅する一冊

本書は早稲田大学オープンカレッジで行われた二つの講座「神々の国の首都・松江と小泉八雲」「『古事記』と小泉八雲から日本の原風景をたどる」(早稲田大学国際言語文化研究所、松江市/社団法人松江観光協会と神々の国しまね実行委員会提携講座)の中から11 話をまとめて編集した。
古事記編纂1300年を機に『古事記』と小泉八雲、そして出雲に関係の深い作家、歌人、研究者、神職者ら11人が自由闊達な文章で日本の原風景を今に甦らせている。藤岡大拙/岡野弘彦/阿刀田高/真住貴子/池田雅之/小泉凡/牧野陽子/瀧音能之/錦田剛志/横山宏充/高橋一清

<編著者紹介>
池田雅之(いけだ まさゆき)プロフィール
早稲田大学社会科学総合学術院教授。同国際言語文化研究所所長。比較基層文化論、比較文学専攻。NPO 法人 鎌倉てらこや理事長。その社会活動に対して、文部科学大臣奨励賞、博報賞、正力松太郎賞を受賞。著作に『ラフカディオ・ハーンの日本』、『循環と共生のコスモロジー』他。翻訳には『新編 日本の面影』、『新編 日本の怪談』、『キャッツ』他多数。
高橋一清(たかはし かずきよ)プロフィール
松江観光協会観光文化プロデューサー。島根県芸術文化センター・センター協議会議長。元文藝春秋編集者として「別冊文芸春秋」、「文春文庫」、「私たちが生きた20世紀」、「文藝春秋臨時増刊」の編集長をつとめる。その間、日本文学振興会の理事、事務局長として芥川賞、直木賞などの運営にあたる。著作に『あなたも作家になれる』、『編集者魂』、『作家魂に触れた』。編著に『松江観光事典』、『和の心 日本の美 松江』、『松江特集』他。


▲ページの先頭に戻る