文芸・小説・エッセイ

心をたがやす

定価1,650円(税込)

横田南嶺(臨済宗円覚寺派管長) 前田万葉(カトリック教会枢機卿)・著 四六判 上製 128ページ
2023年10月6日発行


待望の一冊。仏典・聖書の言葉との出会いで人生を豊かに。
狄瓦鬚燭やす瓩燭瓩50の「仏典の言葉」「聖書の言葉」とやさしい解説。
巻末に両氏の対談掲載。


<著者紹介>
横田南嶺(よこた・なんれい)
1964年和歌山県生まれ。筑波大学在学中に出家得度し、卒業と同時に京都・建仁寺の湊素堂老師のもとで修行。1991年鎌倉・円覚寺の足立大進老師のもとで修行。1999年円覚寺僧堂師家(現任)。2010年臨済宗円覚寺派管長(現任)。2017年花園大学総長に就任。著書に『仏心のひとしずく』、『人生を照らす禅の言葉』、五木寛之との共著に『命ある限り歩き続ける』など。

前田万葉(まえだ・まんよう)
1949年長崎県新上五島町生まれ。カトリック大阪大司教区・大司教・枢機卿。1975年サン・スルピス大神学院卒業、司祭叙階。2011年広島司教叙階。2014年大司教着座。2018年枢機卿親任。祖母方の曾祖父一家はキリスト教弾圧時代に迫害され、三人が殉教。祖父はまだ偏見が強く残っていた時代にキリスト教に改宗。著書に『烏賊墨の一筋垂れて冬の弥撒』、『前田万葉句集』など。


▲ページの先頭に戻る