文芸・小説・エッセイ

天国の本屋

定価1,000円(税抜)

○在庫あり

松久淳+田中渉著 新書版 120ページ

恋の舞台は天国の本屋さん
天国をご存じですか?そこには、本屋さんも喫茶店も、池のある小さな公園だってあります。もちろん、恋もです。この世から天国の本屋のアルバイトにスカウトされたさとしは、緑色の目をしたユイを好きになります。でも、トラウマに悩むユイのこころは閉じたまま。ふたりの未来は、いったい・・・。悲しいことも、とっても辛いことだって楽しくなり、おまけに本を読むことが大好きになる、お得なラブ・ストーリー。この本に魅せられた盛岡のある書店の店長さんが書店関係者にその感動を伝えたことからベストセラーになった。2004年6月公開、竹内結子主演映画「天国の本屋〜恋火」の原作本。
〈著者紹介〉
まつひさ・あつし      
1967年東京生まれ。上智大学卒業。著書に『男の出産』『ヤング晩年』『天国の本屋〜恋火』『ラブコメ』ほか。最新刊は『ウォーターマン』。共著、編集本も多数。
たなか・わたる       
1967(昭和42)年長野県生まれ。 早稲田大学社会科学部卒。松久淳との共著で小説を発表するコンビ作家として活躍している。


▲ページの先頭に戻る