鎌倉・歴史

鎌倉の文学 小事典 ――文学を歩く

定価1,143円(税抜)

○在庫あり

B6判 並製 120ページ 2005年5月15日発行 

歩きながら、読みながら、鎌倉と文学との関わりに触れる本

■文学その風景
文学ゆかりの風景や風物詩をカラー口絵で紹介。さらに鎌倉在住の作家、三木卓・立原幹・藤沢周の各氏が「鎌倉と文学」をテーマに、愛すべき風景をエッセイに綴る。

■文学でたどる鎌倉路
北鎌倉/鎌倉駅周辺/二階堂〜浄明寺/大町〜由比ヶ浜/長谷〜腰越の5つのモデルコースを設定。各コースにゆかりの深い作品や作家を中心に紹介する。散策に便利なMAP付き。また、鎌倉文士らが足を運んだ店舗なども紹介。

■もっと知りたい!そんなときにも…
文学ゆかりの記念館・美術館の紹介や作家プロフィール、「鎌倉文学年表」などを収載。


この書籍を購入した方は、次の書籍へも興味をお持ちです

▲ページの先頭に戻る