詩とファンタジー

詩とファンタジー 2008年春桜号 No.3

定価839円(税抜)

○在庫あり


・ やなせたかしの詩と絵 「ホオノキ」「賢治の含羞」
・ 特集「竹久夢二の愛と詩」詩・竹久夢二/解説・井上明久/絵・安藤早紀
・ 特集・愛の唄「好きリスト」「雲の歌」谷川俊太郎/絵・松永禎郎
・ 詩とイラストレーション(投稿詩×イラストレーション)
【参加イラストレーター】
木内達朗、田沢春美、雨宮尚子、山口はるみ、梅川紀美子、渡辺宏、水上多摩江、スズキコージ、大西秀美、鍋倉孝二郎、味戸ケイコ、倉部今日子、宇野亜喜良、黒井健、高橋幸子、金沢まりこ、ささめやゆき、北見隆、メグホソキ、杉浦範茂、はせがわゆうじ ほか


・ ファンタジー
「座敷わらし」山崎洋子/絵・山田緑、「世界の果ての博物館」高橋順子/絵・瓜南直子、「蛇に嫁がされた娘の物語」うえま・つねみち/絵・後藤貴志
・ 歯とファンタジー
 「歯の幸福」やなせたかし
 「うちの連中ったら……」三木卓/絵・小谷智子
・ エッセイ
 「『銀河鉄道の夜』は、なぜ〈本当の〉ファンタジーか?」天沢退二郎/絵・矢吹申彦
・ シリーズ 少年だったとき 少女だったとき
 「花と犬」太田治子/絵・朝倉めぐみ
 「赤いリンゴ」嵐山光三郎/絵・飯野和好
・ 月のかけら 作品集/絵・吉野晃希男
・ お便りコーナー/執筆者・画家プロフィール


この書籍を購入した方は、次の書籍へも興味をお持ちです

▲ページの先頭に戻る