詩とファンタジー

詩とファンタジー 2014年秋耕号 No.28

定価1,000円(税抜)


表紙絵・宇野亜喜良

特集 歌手生活50周年記念 加藤登紀子の歌と詩の世界
本年年末、歌手生活50周年を迎える加藤登紀子さん。
「ひとり寝の子守唄」「青い月のバラード」などのオリジナル詩、そして「百万本のバラ」「愛のよろこびPlaisir d'amour」の訳詞など、その詩世界は、読む者、聴く者の心の奥底を揺り動かすような魅力をもっています。
その詩の魅力をオリジナルのイラストレーションとともに紹介し、次女で歌手のYaeさんとの記念対談、また加藤さんと交流の深い著名人によるエッセイで、知られざるその創作の源に迫ります。
記念母娘対談 加藤登紀子×Yae(歌手・次女)
「歌は風に吹かれて生まれるもの」
特別寄稿 鎌田實, 松本零士, MISIA, 田村能里子

1周忌・やなせたかしさんを偲んで
「百年残したい名言集」

昨年10月に、多くのファンに惜しまれて亡くなったアンパンマンの作者、やなせたかしさん。1周忌を迎えて本誌や単行本に残した言葉から、心に残る名言を厳選し紹介。

ファンタジー
「窓の少年」文●香山美子 絵●原マスミ

となりの家の窓に現れた少年と一冊の本をめぐる、ミステリアスな一時を描くファンタジー。

シリーズエッセイ
「少年だったとき」「少女だったとき」
古川洽次「カズマとイサム」、石津ちひろ「二年四組のツイッギー」

詩とイラストレーション(参加イラストレーター)
宇野亜喜良、味戸ケイコ、葉祥明、寺門孝之、松倉香子、西田知未、松村真依子、梅川紀美子、はるみるく.、山田博之、早乙女道春、建石修志、福田利之、柳智之、川村未紗、竹井千佳、北見葉胡ほか

イラストレーション入選作発表(公募イラストレーション入選作8作品)
「ほんの3行詩」入選作発表(カットイラスト・山下以登)
星屑ひろい(カットイラスト・渡辺リリコ)


▲ページの先頭に戻る