詩とファンタジー

詩とファンタジー 2012年秋雅号 No.20

定価1,000円(税抜)

▲在庫僅少


創刊5周年、20号記念号 発売
総勢19名の沖縄在住、出身、ゆかりの作家、画家が寄稿
20号は、「沖縄の詩と芸術」と題し、沖縄出身の詩人・作家・画家・イラストレーターの方々を、総力をあげて紹介します。

●やなせたかしの詩
「面影のひと」「秘すれど腰痛」

●巻頭特集 たゆたう詩人 山之口貘 詩●山之口貘 絵●池城安武
「ひそかな対決」「雲の上」「天から降りて来た言葉」
解説・エッセイ 後多田敦/山之口泉「『バク』さんと呼ばれて」/「ジャスミンの夢」

●ファンタジー小説「さんぴん茶」文・まくた ただし 絵・ローゼル川田
シリーズエッセイ「少女だったとき」/「少年だったとき」
文 崎山多美/絵 真喜志勉、文 又吉栄喜/絵 我如古彰一

●投稿詩とイラストレーション(沖縄関係画家・イラストレーター)
儀間比呂志、宮城明、大浜英治、すなかわきよ、神山泰治、仲本京子、稲嶺成祚、松下マミ、宇野亜喜良、山口はるみ、北見隆、雨宮尚子、原マスミ、スズキコージ、鈴木里江、岡山伸也

●2011-2012 詩とファンタジー賞 詩部門
大賞・優秀賞候補作発表

●公募入選作発表  イラストレーション/三行詩


▲ページの先頭に戻る