文芸・小説・エッセイ

雲のゆくおるがん

定価1,200円(税抜)

今道友信 詩/葉祥明 絵
A5変形判 上製 56ページ(オールカラー)


響き合うような詩と絵の邂逅。前著『人生の贈り物』(小社刊)での出会いから1年を経て、今年90歳を迎える哲学者/美学者・今道友信の美しく深遠な詩世界を、溢れる色彩と流れる筆遣いで葉祥明が表現します。ページを開けば、心洗われる夢幻の世界が広がります。


詩・いまみち とものぶ
1922年、東京生まれ。哲学者/美学者。少年期は父の転勤にともない山形県鶴岡市に一時在住。東京大学名誉教授。聖トマス大学名誉教授。日本美容専門学校校長。1986年紫綬褒章受章。哲学国際研究所(I. I. P.パリ)所長などを歴任。
著書に、『美の位相と芸術』(東京大学出版)、『アリストテレス』(講談社学術文庫)、『世界は涙を忘れて…』(女子パウロ会)、『中世の哲学』(岩波書店)、『今道友信 わが哲学を語る』(かまくら春秋社)、『未来を創るエコエティカ』(昭和堂)など多数。

絵・よう しょうめい
1946年、熊本市生まれ。絵本作家/画家/詩人。72年創作絵本『ぼくのべんちにしろいとり』でデビュー。90年創作絵本『かぜとひょう』でボローニャ国際児童図書展グラフィック賞受賞。郵政省ふみの日記念切手にメインキャラクターの"JAKE"が採用される。
著書に『地雷ではなく花をください』、『イルカの星』、『おなかの赤ちゃんとお話ししようよ』、『心に響く声』など多数。
1991年、北鎌倉に「北鎌倉葉祥明美術館」を開館。2002年、葉祥明阿蘇高原絵本美術館を開館。
http://www.yohshomei.com


▲ページの先頭に戻る