詩とファンタジー

詩とファンタジー 2012年春萌号 No.18

定価1,000円(税抜)

○在庫あり


●特集 宮沢賢治の「春と修羅」 絵・東逸子
 岩手県花巻市出身の宮沢賢治が生前出版した唯一の詩集『春と修羅』は、今から88年前、1924年の4月に刊行されました。未曾有の大震災から1年を迎えたこの「春」に、賢治が感じた「春」を重ねながら、詩集『春と修羅』より3編の詩を紹介します。
・詩「春と修羅」「林と思想」「高原」
・エッセイ ロジャー・パルバース/池澤夏樹/やなせたかし


●「『手のひらを太陽に』つなごう 心と心」プロジェクト入選詩発表 被災地よりの応募から3作品を絵とともに掲載
 絵・井筒啓之/あずみ虫/スズキコージ

●やなせたかしの作品「たまごエレジー」「タラ」

●ファンタジー「 はるは なんでも」文・内田麟太郎 絵・岡山伸也

●シリーズ「少女だったとき」/「少年だったとき」
 精神科医・香山リカ/漫画家・松本零士

●投稿詩とイラストレーション(参加イラストレーター)
 宇野亜喜良、山口はるみ、ささめやゆき、原マスミ、雨宮尚子、井筒啓之、味戸ケイコ、北見隆ほか

●やなせたかしさん93歳のお誕生日おめでとう!

●特別募集 画家・松永禎郎さんとのコラボレーション

●公募イラストレーション・三行詩 入選作発表

●足みじかおじさんの旅第9話「紅さし指姫」

●編集後詩・表詩記


▲ページの先頭に戻る