鎌倉・歴史

読んで分かる 中世鎌倉年表

定価1,500円(税抜)

監修 樋口州男・錦昭江 A5判並製 144ページ

中世鎌倉に特化した、読む形式の歴史年表


◆ 内容
本年度は7月25日(日)に開催の、鎌倉検定1・2級の参考図書に本書が指定されました
・本書の特長
読みやすい本文
中世鎌倉400年の歴史を194項目に分け、1項目ごとに分かりやすく記述。項目間の関連も手に取るようによく分かる
・豊富な脚注と写真
本文に登場する人物、事件、難解語を、細かい脚注・写真で補い解説
・系図、出典解説が充実
複雑な上杉氏の詳細な系図、膨大な史料から編み上げられた本文の多彩な出典を解説

◆ 目次より
第1部 鎌倉幕府の興亡 第1部の概要
 第1章 頼朝の鎌倉入り
 第2章 天変地異起こる
 第3章 蒙古の襲来
第2部 鎌倉公方の盛衰 第2部の概要
 第4章 鎌倉公方の誕生
 第5章 後北条氏の盛衰
 第6章 資料編 関連系図・主要出典解題

<監修者プロフィール>
樋口州男(ひぐち・くにお)
1945年生まれ。山口県出身。早稲田大学大学院文学研究科博士課程単位取得。博士(文学)。都立高校教諭を歴任したあと、専修大学・千葉大学非常勤講師などを務める。著書に『中世の史実と伝承』(東京堂出版)、『日本中世の伝承世界』(校倉書房)、『武者の世の生と死』(新人物往来社)、ほか共著多数。

錦昭江(にしき あきえ)
1955年生まれ。神奈川県出身。早稲田大学第一文学部日本史学専修卒業。東京学芸大学大学院修士課程修了。博士(文学)。現在、鎌倉女学院中学高等学校副校長。著書に『刀禰と中世村落』(校倉書房)、共著に『図説 鎌倉歴史散歩』(河出書房新社)、『ジュニア版日本の歴史2』(読売新聞社)ほか多数。


▲ページの先頭に戻る