詩とファンタジー

詩とファンタジー 2010年冬唄号 No.10

定価1,000円(税抜)

○在庫あり


「こんな時代だからこそ、抒情あふれる雑誌を」とアンパンマンのやなせたかしが、2007年10月に創刊した小誌は、みなさまのご支援により、2010年の幕開けとともに、10号の節目を迎えました。この10号記念特大号では、「子どもって不思議」と題して、聖路加国際病院名誉院長の日野原重明さんをはじめ、俳優の竹中直人さんなど各界の著名人に、「子ども」をテーマに詩を書き下ろしていただきました。一流のイラストレーター陣と、詩の一期一会の出会いによって生まれるページは、力強い想像力にあふれています。
1月19日発売!!10号記念特大号の内容
●特集 子どもって不思議
詩:日野原重明、角野栄子、竹中直人、加藤登紀子、柳田邦男、中井貴惠、長田弘、本上まなみ、谷村新司
絵:内田新哉、味戸ケイコ、スズキコージ、岩崎千夏、安西水丸、伊藤正道、高橋幸子、メグホソキ、建石修志

●やなせたかしの詩と絵 「バッタ」「キュン」

●連載エッセイ・少女だったころ/少年だったころ
 「奔放の思い出」阿川佐和子/「少年老いやすく」石原慎太郎

● 対談 里中満智子×やなせたかし「われら漫画家!」

●投稿詩とイラストレーション(以下、参加イラストレーター)
宇野亜喜良、黒井健、山口はるみ、峰岸達、小池アミイゴ、網中いづる、北村人、下谷二助、小谷智子、藤本将、北見隆ほか


●詩とファンタジー大賞(詩部門/イラストレーション部門)発表!!
 1年間の投稿作品入選作の中から大賞(各1作品)、優秀賞(各2作品)を発表!

●ファンタジー「人魚の卵」星野智幸×松永禎郎/「草の海」蜂飼耳×後藤貴志
● 連載・やなせファンタジー「足みじかおじさん1」

●イラストコンテスト発表(審査員:やなせたかし、宇野亜喜良、山口はるみ)ほか

●星屑ひろい 作品集 絵・渡辺リリコ
●三行詩入選作発表 絵・なみきたけあき
●お便りのコーナー
●執筆者・画家プロフィール


▲ページの先頭に戻る