その他

人魚猛獣説 スターバックスと私

定価1,300円(税抜)

穂村弘著(協力:スターバックスコーヒージャパン) 四六判 並製 132ページ 12月1日発行

人気歌人・穂村弘がスターバックスの謎に迫る!
昨年、スターバックス コーヒー ジャパンのウェブサイトで連載され好評を博した「スターバックス三十一文字解析」が、一冊の本になりました!
全国のファンから寄せられた「スターバックス」を詠んだ短歌を紹介しながら、歌人・穂村弘がスターバックスの魅力と謎を解明します。

今回のカバーは特製! 何とスターバックスで人気のタンブラー台紙が付いています。
カバーは書店バージョン(赤)とスターバックス限定バージョン(緑)の2種類で、それぞれオリジナルのタンブラー台紙が付いています!
スターバックス限定バージョンは11月4日〜スターバックス コーヒー一部店舗にて発売、書店バージョンは12月から全国の書店にて発売します。

<著者紹介>
ほむら・ひろし
歌人。1962年札幌生。主な著書に『シンジケート』『手紙魔まみ、夏の引越し(ウサギ連れ)』『ラインマーカーズ』『短歌の友人』『世界音痴』『本当はちがうんだ日記』『もしもし、運命の人ですか。』『にょっ記』『にょにょっ記』『整形前夜』他。また「ほむらひろし」名義による絵本翻訳も多数。第19回伊藤整文学賞、第44回短歌研究賞、2008年度アルスエレクトロニカ・インタラクティブ部門栄誉賞(石井陽子とのコラボレーションによる)を受賞。


▲ページの先頭に戻る