文芸・小説・エッセイ

氷川丸ものがたり 増補版

定価1,500円(税抜)

伊藤玄二郎 四六判・上製本 本文224ページ
2016年7月18日発行


建造から85年、波乱の船の航跡が今よみがえる。
新証言を加えた増補版を刊行!


豪華客船、病院船、復員船、そしてふたたび豪華客船に。 想像を絶する幾つもの荒波をこえた船の85年の航跡。
あの喜劇王チャールズ・チャップリンや、秩父宮殿下夫妻、柔道の父・嘉納治五郎、タカラジェンヌたちもこの船に乗船し、海を渡った。
日本と世界の架け橋として、戦前、戦中、戦後と類まれな運命の星のもとに、多難で多様な航海を乗り越え山下公園で新しい使命を負った「氷川丸」のものがたりを貴重な写真や資料とともにまとめる。
2015年夏公開開始のアニメーション映画「氷川丸ものがたり」の原作本。

〈目次〉
 この本を読むにあたって
第一章 氷川丸 軌跡のはじまり
第二章 戦前―シアトル航路時代
第三章 病院船氷川丸
第四章 病院船から復員船、引揚船へ
第五章 ふたたび外航船へ
第六章 引退そして新しい使命
 おわりに
 あとがきのあとがき
 氷川丸航海記録

〈著者紹介〉 
伊藤玄二郎(いとう・げんじろう)
エッセイスト、星槎大学教授。関東学院大学教授、早稲田大学客員教授を経て現職。専門は近代日本文学。著書に『風のかたみ』『末座の幸福』『子どもに伝えたい日本の名作』『対談集 風のかなたへ』など。編著に『道元を語る』『シーボルト植物図譜など。


▲ページの先頭に戻る