鎌倉・歴史

日本人の原風景掘ヽ倉入門

定価2,600円(税抜)

伊藤玄二郎・池田雅之編著
四六判・上製本 本文604ページ  2016年5月20日発行


日本遺産に登録決定!
なぜ人々は鎌倉に魅了されるのか。
あらゆる角度から鎌倉に迫る入門書。


古都鎌倉には古から受け継がれる奥深い文化や日本人の心が今も息づいています。鎌倉を代表する13人の文化人や学者、宮司、住職が日本人の原風景を蘇らせます。

<編著者紹介>
伊藤玄二郎(いとう・げんじろう)
星槎大学教授。関東学院大学教授、早稲田大学客員教授を経て現職。専門は日本近代文学、出版メディア論。著書に『風のかたみ』(朝日新聞社)『末座の幸福 鎌倉編集日記』(小学館)、『子どもに伝えたい日本の名作』(かまくら春秋社)、『言葉は踊る』(かまくら春秋社)。編著に『道元を語る』(かまくら春秋社)、『シーボルト植物図譜』(小学館)、『氷川丸ものがたり』(かまくら春秋社)他。鎌倉ペンクラブ会長。かまくら春秋社代表。

池田 雅之(いけだ・まさゆき)
早稲田大学教授・同国際言語文化研究所所長。専門は比較文学、比較基層文化論。著書に『ラフカディオ・ハーンの日本』(角川選書)、『100分de名著 小泉八雲 日本の面影』(NHK出版)、『イギリス人の日本観』(成文堂)、『複眼の比較文化』(成文堂)他。編著に『古事記と小泉八雲』、『お伊勢参りと熊野詣』(以上、かまくら春秋社)、翻訳にラフカディオ・ハーン『新編 日本の面影』、『新編 日本の面影供戞◆愎景 日本の怪談』(以上、角川ソフィア文庫)、T・S・エリオット『キャッツ』(ちくま文庫)他。NPO法人鎌倉てらこや理事長を経て、現在、顧問。

<執筆者と各テーマ>
近藤誠一元(元文化庁長官)鎌倉の魅力と世界遺産への道
吉田茂穂(鶴岡八幡宮宮司)日本文化の深層
池田雅之(早稲田大学教授)小泉八雲の「鎌倉・江ノ島詣で」を歩く
伊藤玄二郎(星槎大学教授)鎌倉文士とその風土
尾崎左永子(歌人)鎌倉時代の歌人たち
太田治子(作家)鎌倉の作家とロマンス
河野元昭(東京大学名誉教授)鎌倉にみる近代絵画
後藤圭子(鎌倉彫博古堂当主)鎌倉彫の源流を辿る
錦昭江(鎌倉女学院中等学校高等学校校長)鎌倉幕府の興亡
大貫昭彦(鎌倉考古学研究所理事)鎌倉の神秘スポットを歩く
高井正俊(建長寺派前総務総長)本の礎を築いた鎌倉、そして禅
足立大進(円覚寺派前管長)ありがとうの人生
佐藤孝雄(鎌倉大仏殿高徳院住職、慶応大学教授)鎌倉大仏と研究の「曼荼羅」


▲ページの先頭に戻る