文芸・小説・エッセイ

堀口大學詩集 幸福のパン種 増補版

定価1,400円(税抜)

○在庫あり

堀口すみれ子編 144ページ 四六判 並製 2011年10月11日発行

堀口大學の愛娘が、父の詩と翻訳詩から選んだ珠玉の72編

読む者の琴線に触れた詩人からのメッセージ。――それは味わいとして残り、時を経て醸造され、幸せな感覚、あるいは感情として心の中に膨らんでいく『幸福のパン種』である。堀口大學の詩を読んだことのない方には入門の書として、すでに馴染みのある方には座右の書となる詩集。

〈編者紹介〉
ほりぐち・すみれこ
詩人・エッセイスト。詩集に『風のあしおと』『水辺の庭』、エッセイ集に『虹の館』等。詩人堀口大學は父。「ミセス」「家庭画報」など婦人雑誌でも活躍。慶応義塾大学仏文科卒。神奈川県葉山町在住。


▲ページの先頭に戻る