文芸・小説・エッセイ

彼女の場合  ―神奈川・文学のヒロイン紀行

定価1,300円(税抜)

○在庫あり

原 良枝著 四六判 並製 198ページ 2006年1月5日

炎のように 風のように 物語を駆け抜けたヒロインたち。神奈川を舞台にした名作の中で息づく32人の女性たちの「愛と生」を見つめた文学案内
夏目漱石『門』、立原正秋『薪能』、太宰治『道化の華』、角田光代『対岸の彼女』、篠田節子『妖櫻忌』……。鎌倉をはじめ、神奈川県内を舞台とした小説など32作品を取り上げ、登場する「ヒロイン」にスポットを当てて紹介した、文学案内&エッセイ集。

<著者紹介>
はら・よしえ
横浜生まれ。國學院大学文学部文学科卒。昭和57年テレビ神奈川に入社。社員アナウンサーとして12年間勤務。この間に担当した番組「神奈川作家録」で、里見や中里恒子、山崎方代など、多くの作家へのインタビューを経験。平成6年退社後フリーに。現在、国や自治体が主催するシンポジウムのコーディネーターの他、「ことばの力」をテーマにした講演を学校などで行なっている。


この書籍を購入した方は、次の書籍へも興味をお持ちです

▲ページの先頭に戻る