政治・国政交流

福祉の心と形

定価2,000円(税抜)

×在庫切れです。

相沢英之著 A5判 上製 160ページ 2009年11月7日発行

福祉先進国・北欧四カ国の大使と日本の福祉の第一人者に聞く、最新の福祉事情

福祉先進国デンマーク、フィンランド、ノルウェー、スウェーデンの大使、そして日本の福祉の第一人者である日本医師会会長・唐澤朕諭元厚生労働大臣・柳澤伯夫、弁護士・堀田力、大学教授・児島美都子の各氏に福祉の現在、そして未来について、東京福祉大学学長・理事の相沢英之が聞く。

【主な対談相手・執筆者】フランツ=ミカエル・スキョル・メルビン (駐日デンマーク王国大使)/ヨルマ・ユリーン(駐日フィンランド共和国大使)/アルネ・ウォルター (駐日ノルウェー王国大使)/ステファン・ノレーン(駐日スウェーデン王国大使)/近藤誠一(在デンマーク日本大使)/唐澤朕諭米本医師会会長)
柳澤伯夫(元厚生労働大臣)/堀田 力(弁護士・さわやか福祉財団理事長)/児島美都子(東京福祉大学教授)ほか


<著者紹介>
あいざわ・ひでゆき
昭和17年9月、東京帝国大学法学部政治学科を卒業後、大蔵省に入省。理財局長、主計局長、事務次官を歴任。その後、昭和51年、衆議院議員選挙に初当選し、以来9回連続当選を果たす。議員在職中は、衆議院において法務委員長、外務委員長、金融安定会に関する特別委員長を歴任、国務大臣として経済企画庁長官や金融再生委員会委員長を務めた。引退後も、為公会(麻生派)顧問としての活動だけでなく、84歳で弁護士登録を行い弁護士業務に従事するなど、さまざまな分野で活躍している。妻は女優の司葉子。勲一等旭日大綬章、レジオン・ド・ヌール勲章(フランス)など多数受章。平成21年4月より、東京福祉大学学長となる。


▲ページの先頭に戻る