かまくら春秋

かまくら春秋2020年7月号 No.603

定価327円(税抜)

○在庫あり


7月1日発売

定価327円(税抜)

【対談】(再録)
「最後の湯田マタギ」
黒田勝雄(写真家)×伊藤玄二郎(本誌)

【短期連載】
「がんばれ鎌倉!(二)―『かまくら春秋』で読む『元気の“素”』(下)」
山崎方代「ほうだい酔想録」
伊藤海彦「小径の消息」
三浦綾子「一寸先は…」
養老孟司「だれが虫を好くのか」
串田孫一「『エピロクスの園』に巡り合うまで」
斎藤清「円覚寺山門〜山門の姿に自分が背負った業の深さをみる」

【特集】
鎌倉文庫(三)
未来をつなぐ 藤本雄大・小堀倭加

〈好評連載〉
花から読み解く文学「二木悦子とアオギリ」森千春
風のあしおと「ファミリー ディスタンス」堀口すみれ子 画・山口幸子
鎌倉その日その日「待つ」三木卓
ゆれる階「やゑの最期」村松友視 画・鳥山玲
父母の肖像「たゆまぬペン先」大岡信(上) 大岡亜紀
地球の本棚「特命全権大使 米欧回覧実記」(三)近藤誠一
写真で見る 逗子今昔「JR逗子駅/JR逗子駅前交差点」
湘南の名画から紡ぐストーリー「五十年前の赤ん坊」太田治子
鎌倉と折々の花「日差しに負けず寺社を彩る花」原田寛
こころにひかる物語「人生最良の日々」小堀鷗一郎 画・景山健
共に生きる「天使と暮らした」金澤泰子
川村二郎の言語道断「官僚、政治家は論文より作文を」川村二郎 漫画・秋竜山
タカ神父のワールドレポート「負のサーキュレーションを断つ」山口道孝
新・鎌倉のみほとけ 円覚寺塔頭 伝宗庵 木造 地蔵菩薩坐像(再録)「庶民の帰依するお地蔵さん」大藤時彦
椅子「折畳み椅子の愉悦」林望 画・長谷川綾
法と医療の暮らし相談室 沼田美穂/松下哲
今様・鎌倉ポンチ絵 二階堂正宏
辰巳芳子のおこごと「涼しさのもてなし」辰巳芳子

タウンスポット 親と子の朗読会再開
私の本「蘭溪録」高井正俊
今月の書架
かまくら春秋会トピックス
カマク・ラタン
表紙のことば 高橋幸子
かまくら春秋会 湘南の名店ガイド
名店地図
編集後記


▲ページの先頭に戻る