かまくら春秋

かまくら春秋2020年3月号 No.599

定価295円(税抜)

○在庫あり


3月1日発売

〈シリーズ連載〉
小説 「ゆれる階『罠』」村松友視 画・鳥山玲
父母の肖像「消しゴム二題 かこさとし(上)」鈴木万里
新・鎌倉のみほとけ「鎌倉国宝館蔵 木造 十二神将立像『妖しい魅力』(再録)」安西篤子
こころにひかる物語「夕陽派の友」佐高信 画・景山健

〈胡座放談再録〉
「蟹をめぐる話」酒井恒(動物学者)× 那須良輔(漫画家)

〈連載・グラビア〉
鎌倉と折々の花「華やかな春の兆し」原田寛

〈特別連載〉
「横須賀線と鎌倉文士たち」石原慎太郎

〈好評連載〉
花から読み解く文学「辻井喬と木蘭」森千春
風のあしおと「初節句」堀口すみれ子 画・山口幸子
鎌倉その日その日「停留隔離」三木卓
地球の本棚「『西洋』の終わり」近藤誠一
共に生きる「数列に弱い翔子の解決法」金澤泰子
湘南の名画から紡ぐストーリー「みどりの風」太田治子

川村二郎の言語道断「中国人の御免蒙りたい志向」川村二郎 漫画・秋竜山
タカ神父のワールドレポート「古代人が描いた壁画が、私たちに語りかける」山口道孝
写真で見る 鎌倉今昔「由比ガ浜『風月堂』/坂の下『御霊神社の前』」鈴木正一郎/島村國治
辰巳芳子のおこごと「あさりの季節」辰巳芳子
法と医療の暮らし相談室 沼田美穂/松下哲
今様・鎌倉ポンチ絵 二階堂正宏
逸品のある風景「花桜桃〜宗家 源 吉兆庵」
今月の書架
カマク・ラタン
表紙のことば 高橋幸子
かまくら春秋会 名店ガイド
名店地図
編集後記


▲ページの先頭に戻る