かまくら春秋

かまくら春秋2019年10月号 No.594

定価295円(税抜)

○在庫あり


10月1日発売

〈シリーズ連載〉
小説 「ゆれる階『遠州飯田村』」村松友視 画・鳥山玲
父母の肖像「父、音楽写真家 木之下晃(下)」木之下貴子
新・鎌倉のみほとけ「天洲寺 木造 聖徳太子立像『悩める太子像』(再録)」羽仁進
こころにひかる物語「闇に輝く光を求めて」渡部潤一 画・景山健

〈対談〉
「絵は人なり」小泉淳作(日本画家)× 伊藤玄二郎(本誌)

〈短期特別連載〉
「椅子(III)『椅子を持って登校する小学生』」田沼武能 画・長谷川綾

〈連載・グラビア〉
鎌倉と折々の花「深まりゆく秋を彩る寺社の花々」原田寛

〈好評連載〉
花から読み解く文学「上林暁と月見草」森千春
風のあしおと「満月」堀口すみれ子 画・山口幸子
鎌倉その日その日「わからん……」三木 卓
地球の本棚「『サピエンス全史 上・下』ユヴァル・ノア・ハラリ著」近藤誠一
共に生きる「三十四歳の翔子は未だ天使でありうるか?」金澤泰子
湘南の名画から紡ぐストーリー「白き椿」太田治子

川村二郎の言語道断「『アメリカ・ファースト』より『地球ファースト』」川村二郎 漫画・秋竜山
タカ神父のワールドレポート「コラジンの岩狸」山口道孝  
写真で見る 鎌倉今昔「大船 常楽寺山門前の稲作/浄明寺 浄妙寺本堂」鈴木正一郎/島村國治
辰巳芳子のおこごと「弁当考」辰巳芳子
法と医療の暮らし相談室 小島啓/栗原誠一
今様・鎌倉ポンチ絵 二階堂正宏
タウンスポット「鎌倉市の花がリバティプリントで甦る」「極楽寺・稲村ガ崎アートフェスティバル」「土曜朗読会『エルトゥール号のおはなし』」
逸品のある風景「マベパールのジュエリー〜LULU.J」
今月の書架
カマク・ラタン
表紙のことば 高橋幸子
かまくら春秋会 名店ガイド
名店地図
編集後記


▲ページの先頭に戻る