文芸・小説・エッセイ

ベイリーとさっちゃん

定価1,600円(税抜)

さく・田村朗 え・粟冠(さっか)ミカ AB判 32ページ

12月14日発売 予約受付中

横浜の神奈川県立こども医療センターで働く
ファシリティドッグ・ベイリーの物語が絵本になります。


ベイリーとさっちゃんが出会ったのは病院でした。
犬が苦手だったさっちゃんが、次第にうちとけてベイリーといっしょに手術に立ち向かいます。

ファシリティドッグは、病院に常勤して、患者さんたちの快復をささえる医療スタッフです。病気で苦しむ子どもたちを励まし、寄り添うファシリティドッグの存在をもっと、もっと知ってほしい。そんな願いからこの絵本刊行のプロジェクトは生まれました。

企画・監修 絵本「ベイリー物語」刊行実行委員会

代表 康井制洋(神奈川県病院機構副理事長)
横倉義武(日本医師会会長)
堀 憲郎(日本歯科医師会会長)
三木 卓(作家、芸術院会員)
土屋了介(神奈川県病院機構理事長)
瀬戸嗣郎(静岡県立こども病院前医院長)
山下純正(神奈川県立こども医療センター総長)
キンバリー・フォーサイス(NPO法人シャイン・オン・キッズ理事長)
並木裕之(神奈川新聞社代表取締役)
伊藤玄二郎(エッセイスト、星槎大学教授)ほか


〈作者紹介〉
さく・田村朗(たむら・あきら)
1954 年、青森県生まれ。編集者・ライター。中央大学法学部卒。横浜市在住。作品に絵本『こうちゃんの氷川丸』(2016年・かまくら春秋社刊)。
え・粟冠ミカ(さっか・みか)
静岡県生まれ。パレットクラブ、トムズボックスにて絵本のことを学ぶ。夫と娘と文鳥二羽と暮らす。雑誌「詩とファンタジー」(かまくら春秋社刊)2015-2016年イラストレーション部門大賞受賞。


▲ページの先頭に戻る