鎌倉・歴史

鎌倉 はせでら不思議物語

定価1,360円(税抜)

松田寿空/著 鎌倉 長谷寺/企画・監修 B5変型判 80ページ

鎌倉長谷寺の本尊・観音菩薩像には、不思議で壮大な漂着のロマンがある。

異才の長谷寺の僧・松田寿空が絵本でその不思議な漂着ロマンを絵本化。大和長谷寺などとともに、長谷寺観音信仰の源流となる伝説をダイナミックなタッチで描く。
巻末に霊木や、仏師、伝説の地についての詳細解説付き。

〈著者プロフィール〉
松田寿空(まつだ・じゅくう)
1957年、四国の霊峰剣山、その麓の小さな集落で生まれる。 物心ついた頃から星空に興味を抱き、夜明けまで星と共に過ごす。 社会人になり、放送局やレコード会社などマスコミ関係の仕事に携わる。 結婚し主夫となり育児や家事に専念するうち、都内を離れて逗子に移住。 やがて、単身でインドに渡り、仏教寺院で寝泊りしながら宗教に触れる。 帰国後、縁あって鎌倉長谷寺に勤め得度受戒する。 佛教大学で学び、一般の方に仏教をもっと分かり易くと、紙芝居や琵琶演奏による法話活動を行っている。


▲ページの先頭に戻る