鎌倉・歴史

鎌倉古寺歴訪 〜みほとけの祈り〜

定価1,300円(税抜)

山越実・著 四六判 328ページ

著者による「鎌倉古寺歴訪」シリーズ第3弾!

鎌倉におわすみほとけを100以上紹介。みほとけのお姿や様式にこめられた時代的背景を、各寺の歴史とともにたどる――。

<もくじ>
禅宗の寺院のみほとけ  機[弸兔〃長寺派  建長寺 ―― 北条時頼武人像・銅造五百羅漢像・宝冠釈迦如来坐像・千手観音菩薩坐像 /西来庵(建長寺塔頭)―― 大覚禅師坐像 /回春院(建長寺塔頭)―― 文殊菩薩坐像 /長壽寺 ―― 釈迦如来坐像・古先印元坐像・足利尊氏坐像・聖観音菩薩立像 /明月院 ―― 聖観音菩薩坐像・北条時頼坐像・上杉重房坐像 /圓應寺 ―― 初江王坐像・閻魔大王坐像 /海蔵寺 ―― 心昭空外坐像・薬師三尊像 /壽福寺 ―― 銅造薬師如来坐像・栄西禅師坐像 /報国寺 ―― 釈迦如来坐像・聖観音菩薩立像・仏乗禅師坐像 /浄妙寺 ―― 釈迦如来坐像・阿弥陀如来立像・退耕禅師坐像・三宝荒神立像 /常楽寺 ―― 阿弥陀如来坐像・文殊菩薩坐像・蘭渓道隆坐像  供[弸兔 ̄潦仍派  円覚寺 ―― 山門の仏(十一面観音菩薩坐像と十六羅漢像)・宝冠釈迦如来坐像 /龍隠庵(円覚寺塔頭)―― 聖観音菩薩遊戯坐像 /正続院(円覚寺塔頭)―― 文殊菩薩騎獅半跏像・仏光国師(無学祖元)坐像・善光寺式阿弥陀三尊像 /黄梅院(円覚寺塔頭)―― 銅造千手観音菩薩立像 /帰源院(円覚寺塔頭)―― 傑翁是英坐像 /東慶寺 ―― 水月観音菩薩遊戯坐像・聖観音菩薩立像 /浄智寺 ―― 三世仏坐像・韋駄天立像 /瑞泉寺 ―― 千手観音菩薩坐像・夢窓疎石坐像 /大慶寺 ―― 釈迦如来坐像   掘〜眛興  ‖臍ゴ儔算 ―― 観音菩薩立像

浄土宗の寺院のみほとけ  英勝寺 ―― 阿弥陀如来及び両脇侍像龕 /長谷寺 ―― 銅造十一面観音菩薩懸仏・大黒天半跏像・大黒天立像・十一面観音菩薩立像(前立観音)・十一面観音菩薩立像(後立観音) /安養院 ―― 十一面千手観音菩薩立像(田代観音)と阿弥陀如来坐像・馬頭観音菩薩立像 /九品寺 ―― 石造薬師如来坐像 /光明寺 ―― 阿弥陀三尊像・善導大師立像・如意輪観音菩薩坐像・良忠上人坐像 /大長寺 ―― 阿弥陀如来坐像 

日蓮宗の寺院のみほとけ  大巧寺 ―― 水晶の五輪塔 /妙長寺 ―― 石造浄行菩薩立像 /妙本寺 ―― 日蓮上人坐像 /大宝寺 ―― 子育鬼子母神像 /薬王寺 ―― 馬頭観音菩薩坐像・閻浮檀金釈迦如来坐像 /本覚寺 ―― 釈迦三尊像・夷神半跏像 /光則寺 ―― 日朗上人坐像・愛敬稲荷坐像

真言宗の寺院のみほとけ  浄光明寺 ―― 愛染明王坐像・阿弥陀三尊像 /覚園寺 ―― 愛染明王坐像・阿?如来坐像・鉄造不動明王坐像・薬師三尊像・戌神将 /明王院 ―― 不動明王坐像・藤原頼経坐像 /補陀洛寺 ―― 不動明王坐像・秘鍵大師坐像・地蔵菩薩半跏像 /青蓮寺 ―― 弘法大師坐像 /満福寺 ―― 薬師如来立像 /多聞院 ―― 毘沙門天立像 /宝善院 ―― 十一面観音菩薩坐像

真言律宗の寺院のみほとけ  極楽寺 ―― 文殊菩薩坐像・忍性菩薩坐像・清凉寺式釈迦如来立像・釈迦如来坐像 /称名寺(横浜市)―― 大威徳明王坐像・弥勒菩薩立像・厨子入金銅製愛染明王坐像

時宗の寺院のみほとけ 教恩寺 ―― 阿弥陀三尊像 /別願寺 ―― 魚籃観音菩薩立像 /光触寺 ―― 阿弥陀如来立像(?焼阿弥陀)/向福寺 ―― 阿弥陀三尊像 /来迎寺(西御門)―― 如意輪観音菩薩半跏像・抜陀婆羅尊者立像 /光照寺 ―― 阿弥陀三尊立像

浄土真宗の寺院のみほとけ 成福寺 ―― 聖徳太子立像・虚空蔵菩薩坐像

寺院以外のみほとけ  青梅聖天社 ―― 歓喜天立像 /荏柄天神社 ―― 束帯天神坐像・束帯天神立像 /白山神社 ―― 兜跋毘沙門天立像 /五所神社 ―― 石造摩利支天像

<著者紹介>
山越 実(やまこし みのる)
昭和23年(1948)9月:静岡県に生まれる。
昭和46年(1971)4月:株式会社日立製作所入社。
現在、鎌倉市に在住。
著書:『鎌倉古寺歴訪』(文芸社)、『鎌倉古寺歴訪〜地蔵菩薩を巡る〜』(かまくら春秋社)、『保険ビッグバンとサイバーインシュアランス』(保険毎日新聞社)、『保険進化とリスクマネジメント』(共著・慶応義塾大学出版会)など。


▲ページの先頭に戻る