かまくら春秋

かまくら春秋2016年9月号 No.557

定価296円(税抜)

○在庫あり


9月1日発売

〔目次〕
対談「『やまとかたり』と絵本の朗読」大小田さくら子×伊藤玄二郎
父母の肖像「まど・みちお(上)――双方の弱点を補完しあっていた父母」石田京
新・鎌倉のみほとけ「光照寺 クルス紋」上野景文
私の鎌倉「夏への扉」東理夫
こころにひかる物語「光と闇が際立つ世界」田邊優貴子
連載・グラビア「鎌倉と折々の花」爽やかな風に吹かれて 原田寛

〔好評連載〕
花から読み解く文学「辺見庸とノウゼンカズラ」森千春
風のあしおと「おまじない」堀口すみれ子
小説「睡蓮水」「懺悔の白」大道珠貴
鎌倉その日その日「わ、まぶしい!」三木卓
地球の本棚「『十二世紀ルネサンス』伊東俊太郎著」近藤誠一
川村二郎の言語道断「ポケモンGOと自己責任」川村二郎
連載・タカ神父のワールドレポート「墓島と呼ばれた島、ブーゲンビルから平和を」山口道孝
連載・湘南の名画から紡ぐストーリー「ばらの髪飾り」 太田治子
今様・鎌倉ポンチ絵 二階堂正宏
法と治療の暮らし相談室 沼田安弘/松下哲

[そのほか]
特別インタビュー・金澤泰子さん「要らないものなんて決してない」
追悼・吉野ゆりえさんを偲んで(本誌「キャンサー・ギフト~神様からの贈り物」執筆者)
写真で見る「鎌倉沈没」備えあれば、憂いなし。
タウンスポット
「小学生に伝統文化を通した人間形成を『鎌倉学び舎』」
逸品のある風景「ピアノ(STEINWAY & SONS)~藤沢リラホール」
今月の本棚 私の本『山の途中で』著・須田漢一
カマク・ラタン
表紙のことば 高橋幸子
かまくら春秋会 名店ガイド
           会員トピックス
           名店地図
編集後記


▲ページの先頭に戻る